Remote Utilities 6.9 Beta is available for download. (X) Dismiss

FAQ

リモート PC とローカル PC 間のデータ通信は安全な暗号化アルゴリズム (2048-bit パブリックキーおよび AES 256-bit セッションキー)にて暗号化されます。 さらに詳しい情報は、セキュリティ概要をご覧ください。

Remote Utilities は以下の表に記載されたタスクを実行するため、弊社ウェブサーバーへ接続する場合があります。 これらの各タスクでは、弊社ウェブサーバーを必要としない代替オプションで既定のオプションを置き換えることができます。

タスク/機能 既定のオプション 代替オプション
インターネット ID 接続 弊社公開サーバー経由で接続 セルフホストサーバーを使用
無料ライセンスキーの生成 プログラム内で処理(RU が弊社登録サーバーに接続します) ウェブサイト上のフォームを使用
アップデートの確認 毎月 「確認しない」に設定可能
インターネット ID をメールで送信 RU が弊社サイト内のメールスクリプトにアクセスします セルフホストサーバー + 自動インポートの使用

リモート HostViewer と同じ LAN または VPN 上にある場合、Host の IP アドレスまたは host 名 (コンピュータ名ー)を接続するために使用することができます。 LAN 経由で接続する チュートリアルをご覧ください。

Host 側のインターネットルーター上でポートフォワーディングルールを転送するように設定すれば、インターネット経由での直接接続を確立することも可能です。

はい、インターネット-ID 接続なら可能です。 インターネット経由で接続する チュートリアルをご覧ください。

ファイアウォールバイパス (インターネット-ID) は、ほとんどの場合正常に動作してファイアウォールを擦り抜けることができますが、非常に厳しいセキュリティポリシーが布かれたネットワークの場合、動作しないことがあります。 こちらの Remote Utilities が使用するポート をご一読ください。

もちろんです。セルフホストサーバーは無料でインストールして使用することができます。さらに仲介サーバーとして設定することも可能です。

可能です。Hostがインストールされたリモート PC には自動接続できるから、側に使用者がいなくても 24 時間いつでもリモート接続できます。

できます。パスワードプロンプトが表示されたら、左下の パスワードを保存 チェックボックスにチェックをしてください。

パスワードを保存

その他に、セキュリティ タブ (接続プロパティ) にパスワードを入力して保存することもできます。

はい、可能です。 内蔵の MSI 設定ツールを使って MSI インストーラーを作成したら、リモートインストールを使ってネットワークにそのファイルをディプロイします。 他にも、GPO を使って Windows ドメインに Remote Utilities をプッシュインストールする方法もあります。

いいえ、動作しません。Remote Utilities は スタンドアローンソフトウェアです。メインモジュール - ViewerHost — は、ローカル PC とリモート PC それぞれにインストールされている必要があります。

インストールするタイプではなく、その都度実行するタイプの Host であるAgent、およびポターブル Viewer とモバイル向け Viewer アプリもご利用いただけます。 これらのモジュールはすべて ここからダウンロードすることができます。

アドレス帳 をシェアする方法はいくつかあります — 手動エクスポート/インポートクラウドストレージ (Dropbox 等)、またはセルフホストサーバー内で自動同期 を設定する、この 3 つです。

いいえ、Remote Utilities には JR や ActiveX、その他のフレームワークは必要ありません。

いいえ、関係していません。この製品には弊社だけのリモート接続プロトコルを使用しています。

買い切りの永年ライセンスです。 ご購入いただいたバージョンのライセンスキーは、そのバージョンに対して永久に使用できます。 アップデート/アップグレードは、弊社のアップグレードポリシーにて定められています。

  1. 製品をダウンロード します。
  2. ローカル PC (コントロールする側の PC) にViewer をインストールします。インストール中に、インストールウィザードに表示される "30 日体験版" オプションを選択してください。
  3. リモート接続したいリモート PC(コントロールされる側) に Host をインストールします。Host は登録する必要のない無料モジュールのため、Host に体験期間はありません。

Viewer をインストール中に、"無料版" を選択することもできます。その場合、30 日という期限はなくなりますが、アドレス帳に保存できるリモート接続は 10 台までに制限されます。

お問い合わせフォーム から、ご購入の商品、数量、その他ご希望などを明記してお問い合わせください。

はい。非営利団体向けに 20% のディスカウントを提供しています。

いいえ。 お客様は Remote Utilities の現メジャーバージョンのライセンスをご購入いただいています。 今後すべてのアップデート (つまりマイナーバージョンアップデート) は無料です。 さらに、1 年以内に無料のメジャーアップグレードをご利用いただけることもあります。 詳しくはアップグレードポリシーをご覧ください。

アップデートもアップグレードも完全に任意で行っていただけます。 新バージョンがリリースされるとポップアップでお知らせいたしますが、製品が自動的にアップデートまたはアップグレードされることはありません。 アップデートまたはアップグレードの実行とタイミングは、常にユーザーが決定します。

しかし、弊社では常にその時点での最新バージョンへアップグレードするよう推奨しております。製品は常に進化しており、古いバグ修正と新機能が追加されているからです。

はい、可能です。 ライセンスタイプにかかわらず、Viewer がインストールされた PC からの同時接続セッション数に 制限はありません。 つまり、複数のリモート PC に同時に接続して、フルコントールモードウィンドウ上部にあるタブでリモートデスクトップを切り替えることができます。

はい、可能です。 1 オペレーターライセンスであっても、特定のワークステーションに制限されることはありません。 例えば、ご家庭の PC、ノートパソコン、オフィスの PC に Viewer をインストールして登録し、これらのいずれからでも作業することができます。ただし、同時に 1 つずつです。

同時に作業をするオペレーターが 2 人いる場合は、オペレーターライセンスが 2 つ必要です。 繰り返しになりますが、このライセンスを使って作業をするオペレーターが2 人である限り、このライセンスは何台もの PC にインストールして登録することができます。

いいえ、商用ライセンスキーを既に ライセンスキーストレージ に追加している場合、無料ライセンスキーを追加することはできません。 詳細は 複数のライセンスキーを追加するをご一読ください。

しかし、無料ライセンスキー、商用ライセンスキーのいずれかが登録された複数の Viewer を同時に使用することはできます。例えば、どちらの PC も同じリモート Host または Agentに接続することができます。

ライセンスキーの回復フォームを使用して、メールでライセンスキーをあなたのメールアドレスに送信することができます。 ご注文時に配信先メールアドレスとして指定したメールアドレスを入力していただく必要があります。

ご注文確認メールの中に W-9 書式をダウンロードするリンクがありますので、ご利用ください。

すべてのユーザーが、コミュニティフォーラムに投稿することができます。 有料ライセンスの所有者は、個別に支援を受けるためにサポートチケットを送信することもできます。 弊社サポートポリシーをご覧ください。

欧州の法令により、弊社のリセラー FastSpring 社が欧州地域のバイヤーからの購入に対して VAT を課税することが定められています。 FastSpring 社による VAT の徴収方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

This website uses cookies to improve user experience. By using this website you agree to our Terms of Service and Privacy Policy.