アップグレードポリシー

ご購入いただいた Remote Utilities のライセンスは有効期限のない永年ライセンス (定期購入ではありません) です。 ご購入により、お客様は本ソフトウェアの現在お持ちのメジャーバージョンを無期限に使用し、無料のテクニカルサポートを受ける権利を有するものとします。

以下のアップグレードオプションをご利用いただけます:

  • 製品バージョンのアップグレード。インストール済み製品の新バージョンへのアップグレード。
  • ライセンスのアップグレード。オペレーター数の追加やライセンスタイプの変更によるライセンスのアップグレード。

これらのオプションについて、以下にご説明いたします。

製品バージョンのアップグレード

メジャーバージョンのリリース

新たに製品のメジャーバージョンが入手可能になった際、ご購入日から当該メジャーバージョンのリリース日まで 12 か月が経過していなければ無料アップグレードを受ける権利を有するものとします。

メジャーバージョンはバージョン番号の最初のドットより前の数字によって定義されます(例:バージョン 6.8.0.1 はメジャーバージョン 6 となります)。

ご購入日から当該メジャーバージョンのリリース日まで 12 か月が経過していた場合、50%の割引価格で有料アップグレードを受ける権利を有するものとします。

ライセンスキーにはメジャーバージョン間では互換性がありません。 過去のメジャーバージョンのライセンスキーをお持ちの場合、新しい製品バージョンをご利用いただくためにはお手持ちのキーをアップグレードしていただく必要があります。 旧ライセンスキーをアップグレードするには、テクニカルサポートフォームから旧ライセンスキーを記載の上、お問い合わせください。

マイナーバージョンのリリース

新たに製品のマイナーバージョンが入手可能になった際、すでに所有する現在のメジャーバージョンのライセンスキーに対して無料アップデートを受ける権利を有するものとします。

マイナーバージョンは、新製品リリース時に最初のドットの前にある数字が変わらない製品バージョンです。 たとえばバージョン 6.2.0.1 からバージョン 6.8.0.1 にアップデートする場合、メジャーバージョンは同一(即ちバージョン 6)に保たれたままでマイナーバージョンアップを適用することになります。

マイナーバージョンアップの場合は、既存のライセンスキーの入れ替えやアップグレードは不要です。 既存のライセンスキーは Viewer をアップデート後、ライセンスキーストレージに残ります。

ライセンスのアップグレード

お手持ちのライセンスへのオペレーター数の追加、またはライセンスタイプのアップグレード、あるいはその両方によってお手持ちのライセンスをアップグレードすることができます。

ライセンスタイプ — Remote Utilities では FREE, STARTER, MINI, PRO and SITE の 5 つのライセンスタイプのうち 1 つをご利用いただけます。

ライセンスをアップグレードいただく際は、アップグレード先のライセンスの費用と既存ライセンスの費用の差額のみをお支払いください。

ライセンスアップグレード費用の見積り

ライセンスのアップグレード費用は単純な式を用いて計算されます。

CU = CTL – CCL

説明:

  • CU — アップグレード費用1
  • CTL — アップグレード先のライセンス費用
  • CCL — 現在のライセンス費用

CTL と CCLボリュームディスカウント表の適切な価格設定欄の価格にオペレーター数を掛けることで算出できます。

例 1

現在ご利用中のオペレーター数 3 の STARTER ライセンスを オペレーター数 3 の MINI ライセンスにアップグレードしたいと考えています。 STARTER から MINI にアップグレードする際には、オペレーターあたりのアドレス帳のレコード数が 20 (STARTER) から 50 (MINI) に増えます。 この例では同時接続オペレーター数は 3 から変わりません。

見積り:

  • CTL = 3 x ¥26,280 = ¥78,840
  • CCL = 3 x ¥11,280 = ¥33,840
  • CU = ¥78,840 - ¥33,840 = ¥45,000

オペレーター数 3 の STARTER を オペレーター数 3 の MINI に ¥45,000 でアップグレードできます。

例 2

お手持ちのオペレーター数 3 の STARTER ライセンスにさらにオペレーター数を 2 つ追加して、オペレーター数 5 の STARTER ライセンスに拡張したいと考えています。 ライセンスタイプ (STARTER) は変わりません。 該当ライセンスで同時に作業可能なオペレーター数が 3 から 5 に増えます。

見積り:

  • CTL = 5 x ¥10,560 = ¥52,800
  • CCL = 3 x ¥11,280 = ¥33,840
  • CU = ¥52,800 - ¥33,840 = ¥18,960

オペレーター数 3 の STARTER を オペレーター数 5 の STARTER に ¥18,960 でアップグレードできます。

これらの例では、いずれもボリュームディスカウント表の適切な価格設定欄の価格を使用していることにご注意ください。

アップグレード購入をご検討の方は、お見積書発行依頼フォームからお問い合わせください。

1 アップグレード費用には別途消費税がかかります。