クイック スタート ガイド

Remote Utilities をダウンロードしていただき、有難うございます。 まずは、基本的な製品情報が書かれたこのガイドをご一読ください。初めてリモートセッションをセットアップする時に役立ちます。 各機能に関する全情報については、ヘルプをご参照ください。

Remote Utilities とは

この製品は、2つのスタンドアローンモジュールで成り立っています — それが Viewer と Host です。

Viewer

Viewer は、離れた場所にあるリモートコンピューターに接続して操作する側のコンピューターにインストールします。このガイドでは、操作する側のコンピューターをアドミン PCと呼びます。

Viewer ウィンドウ

Viewer では、今まで接続した接続先を、フォルダとアドレス帳でグループ分けして保存することができます。 接続とは、リモート PC のことです。 上記のスクリーンショットでは、“My remote PC” と呼ばれる接続が、“一般アドレス帳” のフォルダ1に保存されています。

Viewer にはMSI 設定Remote インストールのような高度なツールが予め搭載されていますので、管理者は複数の PC に一度に簡単に配布することができます。

Host

Host は、接続先となるリモート PC にインストールします。このガイドでは、このような離れた場所にある操作対象のコンピューターをリモート PCと呼びます。

Host ウィンドウ

Host のアイコンは、リモート PC のシステムトレイに常に表示されます。 このアイコンを右クリックすると、Host の設定が開きます。 既定では Host は Windows の起動と同時に起動しますが、この動作は Host の設定から変更することができます。

インストール

Remote Utilities のインストールは非常にシンプルです。 Viewer Host がセットになったインストールパッケージをダウンロードしたら、Viewer をアドミン PCに、Host をリモート PCに、それぞれインストールします。 インストール画面のメッセージに、[NEXT>] で従ってください。

覚えておこう

  • 標準の Viewer パッケージ以外にも、ポータブル Viewer を使用して、USB のような取り外し可能なデバイスで実行することができます。 ポータブル Viewer はインストールする必要がありません — ダウンロード後、取り外し可能なデバイスにコピーしたら、そのデバイス上で Viewer 実行ファイル (rutview.exe) を実行するだけです。
  • リモート PC 側が有人であり、緊急のサポートが必要となった場合は、Host をインストールする代わりにAgent ダウンロードして実行しましょう。 Agent はインストールする必要も、管理者権限の必要も要りません。 しかし 、リモートセッションを開始する前に、リモート PC 側に誰かユーザーが待機している必要があります。 そして Agent のウィンドウを一度閉じたら、リモートセッションは完全に終了します。

Remote Utilities のインストールに関してお困りの際は、このインストールガイドをご参照ください。

接続の種類

Remote Utilities には、リモート PC に接続する方法が 2 つあります:

直接接続

ViewerHost を、間になにも中継せずに接続する方法です。 通信はすべて Viewer と Host の間だけで行われます。 この接続タイプは、主に LAN または VPN ネットワークで使用されます。

Remote Utilitiesは直接接続の場合が一番パフォーマンスが良く使い易いですが、同時にいくつか設定する項目があります。例えばリモート PC のファイアウォールに Host が通過するポートを解放したり、ルーターに新しいポートを作成してポートの情報を転送したりする必要が出てきます。

インターネット ID 接続

このタイプの接続は、中継サーバー を使用して接続します— Host が Viewer と直接のネットワークに位置しない場合、特別なウェブサーバーを利用してリモート接続を可能にしています。 このサーバーによって Remote Utilities がファイアウォールとルーターを擦り抜けるので、ネットワークの設定を特別に変更する必要がなくなります。

中継サーバーとは:

  • 弊社が提供しているサーバー。既定のサーバーであり、ほとんどのユーザーは通常このサーバーを使用します。
  • セルフホストサーバー。これは多数の PC を有する大企業のサポートやヘルプデスク向けの高度なオプションです。 セルフホストサーバーについて詳しくはこちらをご参照ください。

以下のステップは、弊社の中継サーバーを経由してリモート PC にインターネット接続する方法です。その他の接続方法については、ヘルプをご参照ください。

はじめに

リモート PC 上での操作 (Host):

  1. Host アイコンを右クリックしてインターネット-ID 接続設定を選択します: インターネット ID 接続設定
  2. 新しい ID を取得をクリックします: 新しい ID を取得
  3. ユニークなインターネット-ID コードが生成されます。そのインターネット-ID コードをメモしたら、設定を閉じます: 新しい ID をコピー
  4. しばらくすると、システムトレイにある Host アイコンにブルーの小さなライトが表示されます。このブルーライトは、HostがWeb上の仲介サーバーに無事に接続して、リモート接続をする準備ができたということです。 Host の準備完了

アドミン PC 上での操作 (Viewer):

  1. Viewer を起動して、接続を追加をクリックします: 接続を追加
  2. 接続名に任意の名前を入力と、その下の欄にリモート PC で取得したインターネット-ID を入力してOKをクリックします: 接続名と ID を入力
  3. パスワードプロンプトに Host へのアクセスパスワードを入力したら、 OK をクリックします: パスワードを入力

    重要!

    Host へのアクセスパスワードは Host のインストール中に設定しているはずです。 もしも設定していなくても、パスワードは後からいつでも設定したり変更したりすることができます。 Host アイコンを右クリックして、Host の設定セキュリティパスワードの変更と選択したら、新しいパスワードを設定して、OKをクリックします。

  4. 選択した接続モードでリモートセッションが開始されます。この例は、フルコントロール モードです: セッション開始
  5. 接続したリモート PC はアドレス帳に保存されます。接続アイコンの右上に小さな地球マークがありますよね— これは、このリモート PC の接続タイプが、インターネット ID である、という意味です。 アドレス帳に保存されている接続

登録方法

Viewer には30日間の体験期間があります。 体験期間終了後も製品を引き続き使用するには、ライセンスキーで製品登録する必要があります。 HostsAgents は登録する必要はなく、Viewerだけ登録する必要があります。

無料のライセンスキーで製品登録をすること ができて、そのライセンスキーで PC を 10 台まで操作することが可能です。 この無料ライセンスキーは商用利用・個人利用どちらでも可能であり、機能制限もありません。

リモート操作する PC が 10 台を超える場合には、商用ライセンスのご購入が必要となります — 詳しくはライセンス比較表をご覧ください。

トラブルシューティングとサポート

製品の特徴と各機能の詳細情報、およびよくあるトラブルの解決手順につきましてはヘルプをご覧ください。 よくある質問に対する答えはFAQにございます。

もしもお探しの答えが上記の資料にない場合や、使用されたご感想等送りたい場合には、フォーラムに投稿するか、または弊社までメッセージをお送りください

どうぞよろしくお願いいたします。