概要

Remote Utilities®はネットワーク管理者やヘルプデスクオペレーターをはじめとする、企業で活躍する IT プロ向けのリモートコントロールソフトです。 スクリーンをリモートで見ることが出来るのはもちろん、リモート PC の電源コントロール、ファイルの転送等、まるで遠方にあるそのリモート PC の前に実際に座ってマウスを動かしているかのように自由にパソコン操作ができます。

製品のメインモジュール

Viewer アイコン

オペレーターモジュール(コントロールする側) — Viewer

Viewer は単体でコントロールセンターとしての役割を果たします。 Viewer では一つまたは複数のアドレス帳でリモート接続を管理することができ、さまざまな接続モード でリモートセッションを行ったり、さらには MSI 設定のような設定ツールを実行したりすることができます。

Host アイコン

リモートモジュール(コントロールされる側) — Host

Host は、各リモート PC にそれぞれインストールされるべきものです。リモートセッションは自動で開始されますので、そのリモート PC がどこにあっても、側に使用者が居なくても、その PC に24 時間いつでもリモートアクセスすることができます。


その他のモジュール

以下のモジュールを活用して、リモートワークの可能性をさらに広げましょう。

Agent アイコン

Agent

Agent は Host の代わりとして、主に突発的なサポートの時に使用されます。Agent はインストールする必要も、管理者権限も要りません。

Ru サーバーアイコン

サーバー

サーバー とは、社内にインストールするセルフホストソフトウェアであり、仲介サーバー、同期サーバー、およびリモート接続を認証する認証サーバーとして動作します。

ポータブル viewer アイコン

ポータブル Viewer

ポータブル Viewer を使えば、どのコンピューターからもリモート PC に接続することができます。 ポータブル Viewer は、ここからダウンロードして、USB にコピーして使います。


Remote Utilities にはパソコン上級者が喜ぶ便利な機能がたくさん備わっています。 利用できるリモート接続モードは、リモート PC のデスクトップをフルコントールできるだけにとどまりません。 その他に、ファイル転送モード、インベントリマネージャー、リモートレジストリ、リモートカメラ、ターミナルモード など、簡単なコマンドライン処理を遠隔から実行できるモードが揃っています。

PCWorld

究極のセキュリティ

データ通信はすべて、業界標準の暗号化アルゴリズム — RSA-2048 (初回のキー交信時)および AES-256 (その後のデータ転送) を使用して暗号化されます。 セキュリティについての詳細はこちら

Active Directory サポート

Active Directory ツリー構造は、Viewer のウィンドウ でリアルタイムで表示されます。 リモート PC ひとつひとつを個別に設定する必要はありません — Windows の認証情報を使って Active Directory のコンピューターとサーバーにワンクリックでアクセスできるからです。

ファイアウォールバイパス

インターネット-ID 接続を使えば、ファイアウォールやルーター内にある PC へのリモートアクセスも簡単で、特別な設定は必要ありません。そのインターネット-ID とパスワードさえあれば、どこからでもリモート接続できます。

MSI 設定

MSI 設定を使って、ネットワークにディプロイするために事前にカスタマイズした Host インストーラーを作成しましょう。 有人サポート専用の Agent モジュールには、企業ロゴとウェルカムメッセージを組み込むことも可能です。

電源コントロール

リモート PC を標準モードまたはセーフモードで再起動したい時には、電源コントロール モードがあります。その他リモート PC のシャットダウン、ロック、スリープ等、まるでその PC の側に居て、電源ボタンとリセットボタンを指で押しているかのようにコントロールすることが可能です。

モバイルアプリ

Android および iOS 専用の無料 Viewer アプリで、PC がなくてもリモート PC にアクセスすることができます。 外出先や移動中でもリモート PC が確認できるようになります。もちろん LAN を使った直接接続も可能です。