リモートサポート

会社内では LAN 経由で、外部からはインターネット接続でリモートサポート

インターネット経由でらくらくモートアクセス

Remote Utilities を使えば、インターネットを使って離れた場所にある PC と簡単にリモートセッションを確率できます。 ファイルウォールやルーターの設定は要りません — インターネット ID 接続 オプションを有効にして、その インターネット-ID コードを入力してリモート PC に接続するだけです:

接続プロパティ - インターネット ID
接続プロパティ - インターネット ID

リモートセッションのチャット

リモートセッション中にカスタマーとチャットする機能があります — 他のメッセンジャーアプリも、電話をかける必要もありません。 [メッセージの送信] という専用モードの他に、リモートセッション中にセッションウィンドウに表示されるチャットパネルを使う方法があります。

セッションウィンドウのチャットパネル
セッションウィンドウのチャットパネル

突発的なサポートにも対応

一時的に必要となるワンタイムサポートには、製品をインストールする必要さえないから、相手先の PC にプログラムが残ったままになることがありません。 リモート先のカスタマーに Agent を実行するようお願いするだけ。Agent は突発的に必要となったサポート専用のプログラムです。 Agent はアプリケーションとして動作しますので、インストールの必要も、管理者権限の必要もありません。

バニラ Agent
バニラ Agent

セッションが終了したら、カスタマーはその Agent をコンピューターから削除するか、または再度利用する時のためにキープしておくことができます。次回カスタマーが Agent を実行すれば、その時は同じ認証情報でその PC にリモートアクセスできます。

カスタマイズとディプロイメント

Remote Utilities には MSI 設定と呼ばれるツールが予め備わっています。そのツールを使うとインストール前にカスタマイズしたクライアントモジュールを作成することができます。 リモートサポートとなると、ワンクリックインストーラー か、またはAgent、どちらかのオプションを使うことになると思います。

ワンクリックインストーラー オプションを使って、Host パッケージを作成します。 作成したワンクリックパッケージをリモート PC に配布します — 実行時には、ワンクリックパッケージは自動でインストールされます。

MSI 設定のワンクリックインストーラーオプション
MSI 設定ツールのワンクリックインストーラーオプション

Agent オプションなら、必要な設定だけが組み込まれた自分だけのカスタマイズAgentを構築することができます。さらに、Agent ウィンドウにオリジナルロゴとウェルカムメッセージを表示することができます。

カスタマイズされた Agent
カスタマイズ Agent

カスタマイズした Agent をウェブサイトにアップロードするか、またはリモート PC に配布しましょう。カスタマーの PC に接続する時はいつでも、カスタマーにそのAgentを実行するよう依頼します。

アクセス認証情報のメール送信を設定

インストールした Host を使っていても、一時的なサポート用の Agentを使っていても、最初の Host インストール時または Agent 実行時に、クライアント PC がアクセス認証情報 (Internet-ID およびパスワード) が記載されたメールを送信するように設定することができます。 この機能は MSI 設定 をカスタマイズしている最中に有効にします:

メール送信の設定
メール送信の設定

ユーザー許可を要求

時には、リモート先のユーザーの作業を邪魔したくない時もあるでしょう。そんな時はそのリモート PC に接続しても良いかどうか、リモート PC のユーザーに許可を求めることができます。 Remote Utilities なら簡単に設定することができます— Host 設定にあるユーザー許可を要求 機能を有効にするだけです。 リモートセッションが開始する直前に、リモート PC 先のユーザーに次のメッセージが表示されます:

ユーザー許可を要求
ユーザー許可を要求

この機能はインストールされたモジュール (Host) の時だけ役立ちます。Host はバックグラウンドで常に実行されているからです。一方突発的なサポート専用のモジュール (Agent) は、リモート PC 側の人が実行した時だけ使用できるように設計されているため、このような許可はほとんど必要ありません。