セッション中

セッション レコーダー
後程いつでも隈なくチェックできるように、リモートセッションを高画質で録画します。
リモート画面のプレビュー
セッションを開始しなくても、リモート画面を見ることができます。
サウンドキャプチャ
サウンドキャプチャモードで、リモートコンピューターで再生中の音声を視聴することができます。
ドラッグアンドドロップ サポート
リモートコンピューターからローカルへ、ドラッグアンドドロップするだけでファイルを簡単にコピーします。逆ももちろん可能です。
自動接続
一時的なネットワーク障害が発生した時でも、プログラムが自動で再接続を実行します。
リモート印刷
リモートコンピューターの文書をローカルのプリンターで印刷したり、印刷可能な形式に保存します。
複数モニタに対応
リモートコンピューターに接続されたモニタの表示を、ツールバーを使って切り替えます。
リモート画面をブランクにして入力をロック
リモート画面をブランクにして、マウスとキーボード入力をロックすることによって、リモートユーザーにセッションを妨げられることがなくなります。
全画面表示対応
フルスクリーンモードを有効にして画面を見易くします。表示モードはセッション中いつでも変更できます。
Ctrl+Alt+Del
プログラムインターフェースからCtrl+Alt+Delを直接送信することも、またそのショートカットキーをカスタマイズすることもできます。
クリップボードの同期
クリップボードのコンテンツを、リモートコンピュータとローカル間で自動または手動で同期します。
フルコントロールモードでのチャットパネル
フルコントロールモードでミニチャットパネルを開いて、リモートセッション中にリモートユーザーとやり取りすることができます。
ターミナルセッション
リモートコンピューターに Microsoft ターミナルサーバーが実行されている場合、Remote Utilities のターミナルセッションを切り替えることができます。
ログオン/ログオフ
リモートコンピュータにログオンすることで、リモートセッションを開始しなくても、ずっと接続した状態をキープします。
パフォーマンスの調整
ダイアルアップや GPRS 等の遅いネットワーク通信では、色の解像度を変更したり、壁紙を削除したり、エコノミーモードをオンにして、コンピューターのパフォーマンスを改善することができます。
スクリーンショット
リモートセッション中のウィンドウを開いたまま、リモートスクリーンのスクリーンショットを撮ります。